静岡のVISA申請

3.png

静岡在留資格申請サポート

行政書士つちや法務事務所
〒417-0061
静岡県富士市伝法3035
TEL:090-8471-1216
FAX:020-4668-3432


VISA更新 招へい 在留資格変更 在留特別許可 永住 帰化申請

VISAのことならおまかせください

名古屋入国管理局、静岡出張所への在留申請を専門に行っています。

在留資格更新 Extend of Term

在留期限の3ヶ月前より手続きが可能です。書類に不備があったり、入管の質問に十分な対応ができない場合
在留期間が1年になってしまうことがあります。
事前にご相談いただき、準備を整え手続をいたします。

在留資格認定証明書交付申請 Certificate of Eligibility

本国で生活する家族を日本に呼び寄せる。自分の会社やお店で働く外国人を呼び寄せるなど、外国人を日本に呼び寄せる(招へい)には、本人が有効なパスポートを所持し、日本の領事館など在外公館でVISA(査証)を受ける必要があります。
事前に在留資格認定証明書の交付を受け、本人に送付し本国でVISAを受けることで、スムーズな日本の入国が可能となります。

在留資格変更 Chagnge of Status

留学生が婚姻して日本人の配偶者等になる、または離婚による定住者の変更等、現に受けている資格に変更を生じた場合には資格変更手続を行う必要があります。
これにより一度出国して新たな査証を取得するなどの手続きを経ることなく、引き続き日本に滞在をすることができます。
また、資格変更により就労制限がなくなるなど、メリットがある場合もあります。
資格内容に変更が生じているにもかかわらず、怠った場合にはオーバーステイとなり、入管や警察に摘発される危険がありますので、確実に手続を行う必要があります。

資格外活動 Part-time job Permit

資格外活動許可申請とは、在留資格以外の活動を行う場合に必要な申請です。
「留学」や「家族滞在」ビザで在留している外国人は、働いて収入を得ることが禁止されているので、アルバイトができませんが、資格外活動申請をして許可を受ければ、アルバイトなどができるようになります。

無許可にてアルバイトなどをすると不法就労となり、摘発され退去強制の対象となります。

永住許可 Permanent Residensy

永住許可を得ると、在留期間の更新が不要となります。また、就労に制限がなくなりますので、日本での職業活動が自由になります。
条件としては、一般的に10年以上の在留期間が必要ですが、
素行が善良であること
独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
申請者の永住が日本国の利益に合すると認められること
上記の要件に該当する場合、より短い在留期間でも申請が可能な場合があります。

帰化申請 Naturalization

帰化申請とは、在日外国人の方が、新たに日本国籍を取得することです。日本に住んでいる外国人の方が日本国籍を取得するためには、法務局で帰化の申請をしなければなりません。
許可されると、元の国籍を失う代わりに日本国籍となります。
帰化が認められるためには厳格な要件があり、また、時間もかかることから、事前の打ち合わせと入念な準備が必要となります。

在留特別許可 Special Permission to Stay

日本に不法滞在(オーバーステイなど)している外国人に対して、法務大臣が特別に在留資格を与える許可です。この許可は、法務大臣の裁量によって特別に認められる許可であり、要件としては
■日本人の子供を養育している場合
■日本人や永住者などと結婚している場合、など
多くは道徳的配慮から判断されます。


静岡の在留資格申請

静岡在留資格申請サポート

行政書士つちや法務事務所
〒417-0061
静岡県富士市伝法3035
TEL:090-8471-1216
FAX:020-4668-3432